fc2ブログ

凛(kagring)のUE5/UE4とゲーム制作と雑記ブログ

2016 年から UE4 / 2021年から UE5 を触り始めました。勉強したもののメモ用ブログです。ゲーム制作に関するメモや雑記とか色々あります。C++ での Qt、Unity もほんの少しあります。

2016年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

UE4 エディタ上のビューポートをゲームビューに切り替え、アクタアイコンなどを非表示にして実際のゲームに近い表示でみる(Gキー)

UE4のエディタ上でビューポートを実際に動かしたときと同じような見え方にする方法です。
これはゲームビューと呼ばれるようです。

・ゲーム ビュー
https://docs.unrealengine.com/latest/JPN/Engine/UI/LevelEditor/Viewports/Basics/index.html#ゲームビュー

ゲームビュー は、ゲーム内で表示されるのと同様にシーンをビューポートに表示させます。つまり、アクタ アイコンなどのエディタ固有の要素は、 全く表示されません。ゲームビューは、ゲーム内で実行した場合に、レベルがどのように見えるかを 確認する簡単な方法を提供します。


この切り替え自体はビューポートオプションで切り替えることができます。
ゲームビュー002

ショートカットキーとして「Gキー」を押すことでも切り替えることができます。

というわけでエディタ上のこういった表示が
ゲームビュー000

ゲームビューに切り替えることでこんな感じに表示されます。
ゲームビュー001

スクリーンショットを撮ったり、実際のゲームでの配置物とかみるのはこのビューの方がよさそうですね。

追記。

詳細の「Actor Hidden In Game」にチェックを入れていると
このゲーム中に非表示になりますが、このゲームビューのときにも非表示になるので
いろいろと確認しやすいかもしれません。
アウトライン002
このプロパティですね。

| UE4 | 16:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

UE4 エディタ拡張・ボタンウィジェット(SButton)

ボタンウィジェットについてのメモです。

ロジカルビートさんのこのページとエンジンのソースとにらめっこしていました。

・【UE4】エディタ拡張(ボタン編)
http://logicalbeat.jp/blog/805/

ボタンウィジェットを使うには「SButton」クラスを使います。

~省略
SNew(SVerticalBox)
+ SVerticalBox::Slot()
.AutoHeight()
[
SNew(SButton)
//.IsEnabled(false)
.Text(LOCTEXT("ButtonText", "SButton。押したら何かが起きる"))
.ButtonColorAndOpacity(FSlateColor(FLinearColor(1.0f, 1.0f, 0.0f, 1.0f)))
.ForegroundColor(FSlateColor(FLinearColor(1.0f, 0.0f, 1.0f, 1.0f)))
.ContentPadding(FMargin(16, 16, 16, 16))
.OnClicked_Raw(this, &FUtilityModule::OnClickedButton)
]
~省略
FReply FUtilityModule::OnClickedButton()
{
return FReply::Handled();
}


雑ですがこんな感じの記述になります。
結果はこんな感じに。
SButton000.png

SButton の各プロパティの機能はこんな感じになります。

・Text
ボタンに表示される文字列です。FText 型で指定します。
・ButtonColorAndOpacity
ボタンの色です。
FSlateColor 型で指定します。
・ForegroundColor
表示する文字列の色です。
FSlateColor 型で指定します。
・ContentPadding
ボタンの文字列を表示するときのマージン(スペース領域)を指定します。
FMargin 型で上下左右を指定します。
・OnClicked
ボタンをクリックしたときの関数を指定します。
今回は自分自身を渡しているので Raw の名前の関数を使っています。

ボタンを無効にしたい場合は「IsEnable」のプロパティを使って下さい。

・IsEnabled
ボタンの有効無効を切り替えます。
bool 型で指定します。

だいたいこれぐらいのプロパティがあればやりたいことができるかなと。
他にも「Method」系のものがあるっぽいので、ここらへんはおいおいということで。

| UE4 | 14:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |