fc2ブログ

凛(kagring)のUE5/UE4とゲーム制作と雑記ブログ

2016 年から UE4 / 2021年から UE5 を触り始めました。勉強したもののメモ用ブログです。ゲーム制作に関するメモや雑記とか色々あります。C++ での Qt、Unity もほんの少しあります。

2022年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2022年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

UE5 「Enhanced Input」で入力の値に遊び(Dead Zone)を設定して値をクランプする(Dead Zone、Modifiers、Input Action、Input Mapping Context)

「Enhanced Input」で入力の値に遊び(Dead Zone)を設定して値をクランプする方法です。

こちらを参考にさせていただきました。

・UE4.26 Enhanced Inputについて
https://unrealengine.hatenablog.com/entry/2020/11/28/192500

公式ドキュメントはこちら。

・Enhanced Input プラグイン
https://docs.unrealengine.com/4.26/ja/InteractiveExperiences/Input/EnhancedInput/

「Enhanced Input」で入力の値に遊び(Dead Zone)を設定して値をクランプするには
「Modifiers」で「Dead Zone」を設定
します。
「Modifiers」については「Input Action」と「Input Mapping Context」アセットの両方で設定できるので
用途に合わせて使い分けるで良いのではないかなと思います。

例えばアナログスティックの入力を取りたい場合があるとします。
アナログスティックの入力をクランプする001
こんな感じですね。

ただ、このまま入力を受け取ると、スティックがニュートラル状態にいるという想定でも
少し傾いていたりなど、微細な値がはいることが結構あります。

こういった場合に遊び(Dead Zone)を設定することで回避することができます。
実際に設定してみるとこんな感じになります。
アナログスティックの入力をクランプする000
「Modifiers」を追加して「Dead Zone」を設定してみました。
「Lower Threshold」以下であれば「Lower Threshold」の値にクランプされ、
「Upper Threshold」以上であれば「Upper Threshold」の値にクランプされます。

上記のように設定することで、ニュートラル状態で多少値が入っていたとしても
クランプされることによって微細な値での挙動をしなくなります。

「Enhanced Input」はこういった細かい設定がアセットで設定できるのが嬉しいですね。

| UE5 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |