fc2ブログ

凛(kagring)のUE5/UE4とゲーム制作と雑記ブログ

2016 年から UE4 / 2021年から UE5 を触り始めました。勉強したもののメモ用ブログです。ゲーム制作に関するメモや雑記とか色々あります。C++ での Qt、Unity もほんの少しあります。

2022年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2023年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

UE5/UE4 C++でBPでオーバーライド(Override)できる関数を作成する(UFUNCTION(BlueprintNativeEvent)、UFUNCTION(BlueprintCallable)、_Implementation)

C++でBPでオーバーライド(Override)できる関数を作成する方法です。

こちらのサイトを参考にさせていただきました。

・UE4 UFUNCTIONの種類について
https://papersloth.hatenablog.com/entry/2018/09/19/195013

参考サイトさんをもとに実際やってみました。

まずはC++で関数を定義します。

// BP でオーバーライドできる関数の定義
UFUNCTION(BlueprintNativeEvent, BlueprintCallable)
int32 OverrideFunction(float InValue);

まずは「UFUNCTION(BlueprintNativeEvent, BlueprintCallable)」を使って関数を定義します。

C++での関数の実体はこんな感じで書くことになります。
C++での実体は「関数名 + _Implementation」という名称でUE側で自動的に紐づけられるようです。

// C++側の関数の実体
int32 OverrideFunction_Implementation(float InValue)
{

return (0);
}


これを実行するとBPで上記で定義した関数をオーバーライド(Override)することができます。
オーバーライド関数002
こんな感じで「関数」の「オーバーライド(Override)」から関数を選択して作成することができます。

BPでオーバーライドされた関数はこんな感じになりました。
オーバーライド関数001

最後にC++側で実行してみます。

int32 aValue = OverrideFunction(0.0f);

結果をみてると「C++で定義した関数」と上記「BPの関数」両方が実行されるのがわかります。

BP側で特殊な処理をしたい。
といったもので結構使うことがありそうなので、記述の仕方など覚えておきたいと思いました。

| UE5 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |