凛(kagring)のUE4とUnityとQt勉強中ブログ

2016 年から UE4 を触り始めました。勉強したもののメモ用のブログです。C++ での Qt、Unity も少しあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

UE4 ブループリントでマクロを作成する

ブループリントでマクロを作成する方法です。
普通にブループリントを書いていくと、横に長くなったりしてわけわからなくなりそうだったり、
同じような処理をする場合など、マクロ化しておくとよさそうです。

と、こんな感じで書くと関数と同じじゃん!と思ったので詳しい関数とマクロの違いはこちらを。

・ブループリントのベスト プラクティス(関数 vs. マクロ)
https://docs.unrealengine.com/latest/JPN/Engine/Blueprints/BestPractices/index.html#関数vsstopマクロ

ちなみに灰色のノードになっているものはマクロだそうです。
マクロ000

マクロの作り方は簡単で、関数の作り方同様、
マイブループリントのマクロのタブのところで「+マクロ」ボタンを選択します。
マクロ001
追加をしたら適当な名前をつけましょう。

マクロ名のタブが追加されるので、そのマクロにブループリントを記述しましょう。
マクロ002
こんな感じに適当に。
処理の線があるので繋いでいけば、その順番で処理が実行されます。

マクロの一番の特徴は実行ピンが複数作ることができることですね。
パラメータに実行ピンが入力と出力に追加することができます。
マクロ004

マクロを作成したら、あとは呼び出したいところでさっき作成したマクロ名でマクロを実行します。
マクロ003
マクロはLatent ノードを使うことができるので活躍できる場面は多そうですね。

マクロの作成については以下のドキュメントをみるとよさそうです。

・マクロ
https://docs.unrealengine.com/latest/JPN/Engine/Blueprints/UserGuide/Macros/index.html

スポンサーサイト

| UE4 | 15:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kagring.blog.fc2.com/tb.php/183-626c5322

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT