凛(kagring)のUE4とUnityとQt勉強中ブログ

2016 年から UE4 を触り始めました。勉強したもののメモ用のブログです。C++ での Qt、Unity も少しあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

UE4 アクター(Actor)を時間指定で遅延破棄する(Set Life Span)

アクターを時間を指定して遅延破棄する方法です。
こんな便利な機能あったんですね。
こちらを参考にさせていただきました。

・第5回ue4ハンズオンセミナー
http://shivat.hatenablog.com/entry/2015/07/07/020549

・「Set Life Span」について
Set Life Span関数を使用することによって、アクタ(Target)に生存期間を設定することができる。
設定期間が終わると、Destroy()がアクタ上に自動的に呼び出される。
また、
「設定期間が終わるとDestroy()がアクタ上に自動的に呼び出される」というようなランタイムシステムは、
アクタの最初の位置と回転を設定する必要がある。
そのため、
「Get Actor Location」でアクタの位置を取得している。
つまり、
「Set Life Span」は、EnemyCharacter(Target)を0.2秒後に破壊する。


アクターを遅延破棄するには「Set Life Span」ノードを使います。
アクターの遅延破棄001
「Target」にはアクターを指定します。
「In Lifespan」には破棄するまでの時間を秒指定します。

実際にノードを組んでみるとこんな感じですね。
アクターの遅延破棄000
3秒後にアクターを破棄する。といった処理になっています。

「Set Life Span」はこういった問題の時にでも使えるみたいですね。

・オーバーラップしたアクターをDestroy Actorで破壊しようとするとエラーが出ます。
https://answers.unrealengine.com/questions/550150/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%95%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%92destroy-actor%E3%81%A6%E7%A0%B4%E5%A3%8A%E3%81%97%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%A8%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%8B%E5%87%BA%E3%81%BE%E3%81%99-1.html

・[BP]Blueprintアンチパターン その2 -Pure関数+ForEachLoop-
http://unwitherer.blogspot.jp/2017/04/bpblueprint-2-pureforeachloop.html
スポンサーサイト

| UE4 | 11:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kagring.blog.fc2.com/tb.php/330-c04ea025

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT