FC2ブログ

凛(kagring)のUE4/UE5とUnityとQt勉強中のゲーム制作ブログ

2016 年から UE4 / 2021年から UE5 を触り始めました。勉強したもののメモ用のブログです。C++ での Qt、Unity も少しあります。ゲーム制作の話題もはじめました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

UE4 グリッドを描画するグリッドシェーダーマテリアルアセット(UE4_CustomGridShader)

DM さんが作られた、グリッドを描画するマテリアルアセットです。

材質やグリッドの線の太さや間隔などを調整することができます。

下記からダウンロードすることができます。

・UE4_CustomGridShader
https://github.com/DandyMania/UE4_CustomGridShader

テクスチャ未使用のシェーダーのみのグリッドシェーダー
ワールドの原点を中心に3種類のグリッドラインの線の色・太さ・間隔、背景カラーが設定可能です
テストステージを作成する際などにご活用ください

とのことです。

使い方はこんな感じに。

プロジェクト一式Cloneした後、CustomGridフォルダを同じ階層のまま自分のプロジェクトにコピーするか、 [UE4] 他プロジェクトからアセットを移動させる方法
https://historia.co.jp/archives/275/
などでCustomGridフォルダ以下をお好きなプロジェクトに移動させてください

デフォルトのグリッドからカスタムしたい場合は、CustomGrid/Materials/MT_CustomGrid からマテリアルインスタンスを作成しパラメータを変更してください


プロジェクトも入っているので、そちらで確認するのが早いのですが
とりあえずアセットを自分のプロジェクトに移行して確認してみました。

使い方は簡単で、上記フォルダを移行すると
フォルダの中にあらかじめいくつかのマテリアルが作られています。
グリッドシェーダー001
「MT_~」という名称のマテリアルを割り当てるだけで使うことができます。
簡単で素晴らしいですね!

それ以外にもパラメータをいろいろと変更することが可能なので
お気に入りのグリッドを作って使ってみるとよいかなと思います。
グリッドシェーダー002
こんな感じにパラメータを設定することができます。

パラメータの説明はこんな感じで書かれていました。

BackgroundColor 背景色
GridColorMidele 中くらいの細かさのグリッドの色設定
GridColorNarrow 一番細かいグリッドの色設定。一番下に描かれる
GridColorWide 基準となるグリッドの色設定。一番上に描かれる
Blink 0以外を入れると点滅するようになります。Emissiveの値を0以上にする必要があります。
Emissive Wide/Midele のグリッドのエミッシブカラーの調整用
LineIntervalMiddle グリッドの間隔(中)。※単位はメートルです。
LineIntervalNarrow グリッドの間隔(細) ※単位はメートルです。
LineIntervalWide グリッドの間隔(広) ※単位はメートルです。
LineSizeMiddle グリッド太さ(中)
LineSizeNarrow グリッド太さ(細)
LineSizeWide グリッド太さ(広)
Metallic 1.0に近づくほど金属っぽい表現になります
Roughness 1.0に近づくほどざらざらになります


というわけで使ってみた結果がこちら。
グリッドシェーダー000

こういうのも。
グリッドシェーダー003

移動だったりギミック考えたりと、初期のテストするときにグリッドは重宝しそうなので
こういった機能がすぐ使えるのは助かりますね。

| UE4 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kagring.blog.fc2.com/tb.php/549-5824bdd5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT