FC2ブログ

凛(kagring)のUE4/UE5とUnityとQt勉強中のゲーム制作ブログ

2016 年から UE4 / 2021年から UE5 を触り始めました。勉強したもののメモ用のブログです。C++ での Qt、Unity も少しあります。ゲーム制作の話題もはじめました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

UE5 いつでも呼び出せるコンテンツブラウザ「コンテンツドロワー(Content Drawer)」(Ctrl + Spaceキー)

いつでも呼び出せるコンテンツブラウザ「コンテンツドロワー」についてです。

こちらを参考にさせていただきました。

・UE5】UnrealEngine5(EarlyAccess)が遂に来ました!【☆】
https://kinnaji.com/2021/05/27/ue5earlyaccessstart/

・Unreal Engine 5 早期アクセス リリースノート
https://docs.unrealengine.com/5.0/ja/ReleaseNotes/

Unreal Engine 5 では、気を散らすものを最小限に抑えてビューポートに集中できるようにすることで、没入型エクスペリエンスが強化されました。たとえば コンテンツ ドロワー は、必要な時に Ctrl キーとスペースバー を同時に押すことで コンテンツ ブラウザ を一時的に引き出すことができる新しい手法です。インタラクションが終わった後は、次回呼び出しするまで自動的に最小化されます。


というわけで「いつでも呼び出せるコンテンツブラウザ」と思っておくと良さそうです。

実際の動作はこちらのツイートがわかりやすかったです。
「Ctrl + Space」でうにょんってコンテンツブラウザがでてきてますね。

BP編集中でも出せるのは便利な気がします。

自分のほうでも試してみたのがこちら。
コンテンツドロワー000
デフォルトではコンテンツブラウザも表示していなく、ビューポートが広く使えます。

「Ctrl + Space」でコンテンツドロワーを呼び出します。
コンテンツドロワー001
でてきました。

このコンテンツドロワーは右上の「レイアウトにドッキング」ボタンでドッキングできるようなのでドッキングしてみます。
コンテンツドロワー002
こんな感じで普通のコンテンツブラウザになりました。

この状態だと、コンテンツドロワーがドッキングした印象を持ったのですが
「Ctrl + Space」でコンテンツドロワーを呼び出す
ことができました。
コンテンツドロワー003
※コンテンツブラウザに重なってコンテンツドロワーが表示されています。

ビューポート操作を主にする場合は、コンテンツドロワーを使って普段のコンテンツブラウザは非表示でよいかもですね。

| UE5 | 15:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kagring.blog.fc2.com/tb.php/619-232fd979

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT